2017.06/11(Sun)

清水園・足軽長屋

城下町新発田四百余年の歴史を今に伝える清水園(国指定名勝)は、江戸時代に新発田藩主の下屋敷として造られた回遊式日本庭園。
広い庭園は、広さが15,200平方メートル。
中央に草書体の「水」の字をかたどった大泉池が配置され、池の周囲に五つの茶室と「清水谷御殿」と呼ばれた簡素な数寄屋造りの書院があります。
四季折々に、その装いを変えて越後路から東北にかけて他に比を見ない名園といわています。

清水園に沿って流れる新発田川をへだてた路すじに、藩政時代の足軽が居住した茅葺平屋建ての八軒の足軽長屋があります。
一戸の主屋は間口、奥行3間の9坪、裏には2坪の炊事場と半坪の入口土間、炉付の2坪半の板の間、それに8畳と4畳の2室、または6畳2室。
床や書院はなく、軒高で内法高は低く、小屋組みも叉手構造のつつましい造りです。

当時の住人は、記録によると姓のあるのは1人だけで、ほか7人は名のみ。
役職は御門番組・御旗指組などの小者と御綱方と、足軽以外のきわめて身分の低い家臣でした。

かつてこの城下には、会津街道にむかって幾棟かの足軽長屋があったが現存しているのは天保十三年(一八四二)の棟札がみられるこの一棟だけだそうです。
往時は「北長屋」と称し、幕末の下級武士の生活ぶりを伝える住居は全国的にも例をみない貴重な遺構として昭和四十四年、国指定重要文化財になっています。



案内板

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

清水園

足軽長屋

足軽長屋

足軽長屋

足軽長屋

足軽長屋




にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


新発田の町の散策は思った以上に心の休日を味わうことができました。
同じ県内でも新潟市とはやはり趣が全々違います。
静かで落ち着きがあって、町並みや建物の一つ一つに城下町ならではの歴史を感じました。

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

15:39  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06/10(Sat)

諏訪神社・市島酒造

「おすわさま」の愛称で親しまれている、新発田総鎮守 諏訪神社。

随神門を潜り川に掛かる石橋を渡る。
朱塗りの鳥居を潜り石畳の参道の先に拝殿が見える。
境内に入いると拝殿の右手にそびえ立つ御柱が目に飛び込んでくる。
この御柱は平成22年8月に長野県の諏訪大社下社より秋宮一之柱を下賜されたものだそうです。

境内の南側に立っている石鳥居は大成建設やサッポロビール、ホテルオークラなどを創業した新発田市出身の財閥家、大倉喜八郎氏が奉納されたもの。
大きな注連縄は下町の方々からの奉納されたものだそうです。

参拝を済ませ諏訪神社の前の交差点の直ぐ向かい側にある市島酒造へ行くと、酒蔵や資料館見学ができるそうなので見学させてもらいました。
杜氏蔵、市島蔵、蔵元展示室があり、酒造りと市島家の歴史を伝える収蔵品が展示されています。

市島家は、酒造・金融・回船業など幅広く営む一方で、最盛期には2800町歩の田畑山林を所有する、全国屈指の大地主でした。
寛政2年(1790)に分家創業した市島酒造は、200年以上にわたり新潟の伝統的製法を守り続けている老舗の酒蔵。

杜氏蔵では大きな蒸釜に酒母樽や仕込樽、お酒を搾る槽(ふね)、或いはガラス容器が無かった頃、量り売り時代の甕(かめ)や徳利、祝樽など昔の酒造具や器などが展示されています。

市島家資料館・蔵元展示室
初代・秀松からの文献や資料、または市島家ゆかりの品々や市島の奥様が嫁入りの際に着て来た婚礼衣装(江戸の幕末、明治、大正)など、市島家の資料が飾られていました。


諏訪神社

朱塗りの鳥居

諏訪神社・朱塗りの鳥居

拝殿

拝殿

御柱

御柱

拝殿と境内

正面の拝殿と境内

社殿と境内

境内

石鳥居



市島酒造

市島酒造

杜氏蔵

杜氏蔵

杜氏蔵

杜氏蔵

蔵元展示

市島家資料館・蔵元展示室

市島家資料館・蔵元展示室

市島家資料館・蔵元展示室

市島家資料館・蔵元展示室

市島家資料館・蔵元展示室

市島家資料館・蔵元展示室

市島家資料館・蔵元展示室

市島酒造



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


市島酒造『夢蔵』で自宅用に酒粕の漬物、義弟は大吟醸を買ってきました。
この後、清水園へ向かいます。


清水園・足軽長屋へつづく

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

13:57  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.06/09(Fri)

五十公野公園 あやめ園

妹たちと日本四大あやめ園のひとつ「新発田五十公野公園(いじみのこうえん)あやめ園」へ行ってきました。

  *日本四大あやめ園

五十公野公園あやめ園 (新潟県新発田市)

長井あやめ公園(山形県長井市)

前川あやめ園(茨城県潮来市)

佐原市立水生植物園 (千葉県佐原市)


朝から綺麗に晴れて絶好のあやめ観賞日和。

緑が美しい森林に囲まれた公園の中、池の脇の遊歩道を歩いて行くと、

目の前に広がるあやめ園は、気持ちのいい初夏を感じさせてくれます。

こうなるはずだったのに...
なんと!咲いているあやめは・・・数えるほど(~_~;)

ちょっとぉ話が違うじゃないですか...
事前に調べたらちゃんと9日からあやめ祭りの開催!って載ってましたけどぉ。

地元の人にお聞きしたら、
「五十公野公園は山間にあるので気温があまり上がらず他の地域と比べてあやめの開花は少し遅れ気味です。来週頃から下旬が見頃になるでしょうね。」
なのだそうです...。
ちなみに昨年は6月15日ぐらいで、早咲きのあやめが咲いているだけで全体的には3部咲き程度だったそうです。
自然相手ですもの、人間ごときが文句を言ってもしょうがないですよね。

真っ青の空の下、緑に囲まれた広大な自然の中、綺麗な空気を胸いっぱい吸って、それだけ十分(でもないけど...)。
あやめは諦め、折角新発田まで来たのだから諏訪神社、清水園へ周ることにしました。



五十公野公園 あやめ園

五十公野公園 あやめ園

あやめ祭りポスター

五十公野公園

五十公野公園 10:40

五十公野公園 

五十公野公園 

あやめ園

あやめ園

あやめ園

あやめ園

あやめ園

あやめ園

あやめ園

一畝毎にあやめの名前の書かれて札が立っています

あやめ園

あやめ園

あやめ園



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


五十公野公園は小学校の遠足で来たよね、と妹に言われたけど...
そんな遠い昔のこと、全々覚えていませわ (~_~;)


諏訪神社から市島酒造へつづく

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

15:48  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.05/02(Tue)

山Cafe一歩

ずーーっと来たかった 【テラスわんこOK】ドッグラン付きのカフェ 山カフェ さん。
ようやく訪れることができました (^ー^* )

お店の看板の立っている壁に、看板犬のイラスト!
外見を見ただけで、とってもお洒落なお店!と分かります。
入り口のドアを開けるとスタッフさんが店内に案内してくださいます。

店内に薪ストーブがあって落ち着いた品のいいとっても素敵な内装です。
広いお庭と美しい山の景色を見ながら食事ができるテラス席、此処でワンコと一緒に食事もできるそうです。
そして広いドッグラン。
ワンコ連れのお客さんもドッグランで遊ぶのもOK!

看板犬は何犬ですか?今、いますか?とお尋ねすると、
なんと!ドーベルマン!
わぁ~い!ドベちゃんだって!

それなのに...
残念なことに只今、散歩中!でした (~_~;)

食事をしながらドベちゃんが戻って来るのを待ちました。
妹はランチメニューの中から季節の野菜とベーコンの醤油パスタ。
季節の野菜は旬の筍でした。
わたしは濃厚トマトソースとエビのパスタ。
ソースがとっても濃厚で美味しかった~♪
義弟は・・・?なんかお肉を食べていたっけ?忘れちゃいました ^^;
そして自家製ピザを一皿、このピザもとっても美味でした!

食事の後のコーヒーを飲み終えて、テラスに出てみた。
広いお庭がとっても素敵!
お写真を撮ったりしてると、ドベちゃん散歩からお帰りになってドッグランにおいでになってました!

ドーベルマンのベルちゃんはとっても大人しくてビックリ。
義弟と妹に、アランの方が暴れん坊だわ!と言われてしまった...当たってるだけにショック...
それでも、
たっぷりベルちゃんと遊んで、美味しいランチを食べてチューリップを見て、とっても楽しい1日でした (^-^)


山Cafe一歩

山カフェ 12:10

山カフェ 入り口

ランチ

山カフェ 濃厚トマトソースとエビのパスタ

山カフェ 季節の野菜とベーコンの醤油パスタ

店内

山カフェ 

薪ストーブ

山カフェ 薪ストーブ

奥の個室

山カフェ 個室

お洒落なカーテンの先はトイレ

山カフェ 

テラス

山カフェ テラス

山カフェ テラス

広いお庭

山カフェ 中庭

看板犬・ドーベルマンのベルちゃんと飼い主さん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

山カフェ 看板犬ベルちゃん

ドッグランからベルちゃんが見送ってくれました

山カフェ ドッグラン

壁にベルちゃんのイラスト

山カフェ 



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


義弟がナビの指示通りに国道403号線から山道へ入って行く。
いくつも道を曲がり進んで行くけど、こんな山の中に本当にカフェがあるの?と心配してたら山里の住宅地に入ってしばらくするとナビが「目的地に到着しました」と。

え~・・・?!到着したって何処にもカフェなんて、ないじゃないですか。
車を降りてウロウロしながら探したら、ようやく山カフェ発見!ありました~!

それにしても・・・分かりづらい...。
地元の人や何度も来ている人には簡単なのだろうけど、初めての人はちょっと難しいかも。
わたしはゼッタイムリ、ナビ案内があっても一人ではムリですわ (~_~;)
なので、
妹夫婦に又、ベルちゃんに会いに来ましょうね。
来月にでも!と、頼んでおきました (*^^)v

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

17:00  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04/28(Fri)

五泉チューリップの里

4月の中旬、テツちゃんママさんに会ったとき、五泉の水芭蕉を見に行ったらとっても綺麗だった、と教えてもらった。
で、さっそく妹に”五泉の水芭蕉がとても綺麗だそうです、お天気のいい日に行きましょう!”とメールを打ったら、
「パパが調べてくれたけど、五泉の水芭蕉公園の水芭蕉はもう花が終わって今は葉っぱだけだそうです」と返信・・・(~_~;)
残念...。

五泉市には村松公園という桜で有名な大きな公園があるが、桜はもう終わってしまった。
水芭蕉も終わってしまった。
牡丹園もあるけど牡丹の花は未だ咲いてない、
今ならチューリップが未だ咲いてる。

ならば、と妹夫婦と五泉のチューリップを見に行ってきました。

五泉市チューリップまつり

一面に広がる150万本のチューリップの絨毯。
*チューリップは新潟市の花です。

五泉は県内でも有数のチューリップの産地。
市ではチューリップを出荷するだけでなく見て楽しんでもらおうと、生産者に依頼してチューリップの畑を巣本地区の1ヶ所に集め、チューリップまつりを開催しています。
五泉の巣本地区は阿賀野川と早出川にはさまれたところにあり、その昔川が氾濫したことで、砂地の土壌となり、チューリップの栽培にたいへん適しているのです。

*チューリップの豆知識
連作はできません。
チューリップは同じ畑で続けて栽培することができません。
これは土の中に病気が出るためで、チューリップまつりも毎年少しずつ場所を変えながら開催しているそうです。
近年は巣本地区一本杉地内の数ヶ所を選び、5年程度のサイクルで会場を変えているそうです。

*花摘みは春の風物詩
チューリップ畑のチューリップは、球根を育てるために栽培されているものです。
そのため、球根に栄養がいくよう花が散る直前に、手で花を摘んでしまいます。
もったいない気もしますが、これが毎年の春の風物詩に。
その後、土の中で球根を太らせ6月末ころに収穫するそうです。 


五泉 チューリップ畑

五泉チューリップの里 11:00

五泉チューリップの里

五泉チューリップの里

五泉チューリップの里

五泉チューリップの里

五泉チューリップの里

五泉チューリップの里

五泉チューリップの里



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


車を降りると直ぐに甘い花の香りが漂ってきます。
色とりどりのチューリップはそれは見事。
.土日や祭日に花を摘み取るイベントもあるそうです。
でも、
風が冷たかったし早々に 山Cafe へ向かいました。
昨年、加茂山公園に行ったときに見つけた田上町にある看板犬のいる山Cafeさん。
前から行きたい!行きたい!妹に連れて行って~!とお願いしていてようやく実現しました。


山Cafe一歩 へつづく

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

15:06  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11/15(Tue)

加茂市内散策

加茂市は新潟県のほぼ中央に位置し、古くから北越の小京都といわれています。
伝統工芸品の桐たんすを始め、建具や和洋家具、屏風など木工産業が古くから盛んです。
「桐たんす」といえば加茂と言われるほど、その技術と品質は、全国的に高い評価を受けています。

雪椿のまち 
加茂市は特別豪雪地帯に指定されています。
この多雪地帯に咲くツバキが南国に咲くものと別種だと分かったのは戦後もすぐのこと。
新潟県で初めて花や葉、樹形が異なるものが発見されユキツバキと命名されました。
このことから、ユキツバキは新潟県の木として、また、加茂市の花として指定されています。


雪椿のまち

雪椿のまち

町の中に鯉

道路脇の側溝(?)に小さな魚に混じって色とりどりの鯉が泳いでいました
水が澄んでいてとても綺麗でした

鯉

鯉

鯉

商店の入り口のガラス戸に張ってあるポスター

ポスター

加茂駅

加茂山公園

マンホール蓋

本町

彫刻の森

ポスター

店内に飾られている綺麗な人力車

人力車



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


商店街は月曜日が定休日のようで人通りはなくとても静かでひっそりとしていました。
人通りはないのだけれどよくあるシャッター通りとも違うし「廃れた町」という感じも、わたしはしませんでした。
「北越の小京都 加茂」のポスターの文字を見たからかもしれませんが、ホントにそういう感じの風情のある町並みでした。

広い加茂山公園を散策しながら、こんな素敵な場所にアランを連れてきたらどんなに喜んだことだろう、と思っていました...。
きっと狂喜乱舞、興奮しまくりですね。


テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

18:03  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11/14(Mon)

加茂山公園

青空が広がり綺麗に晴れた月曜日。
明日から又雨マーク、ならば今日しかない!
妹たちと真っ赤に染まった加茂山公園の紅葉狩りに行ってきました。

加茂山公園
青海神社周辺に広がる15.35ヘクタールの都市公園。
春には群生するユキツバキの花が一斉に咲き、夏には杉木立の中で子供たちの歓声が、秋には鮮やかな紅葉。
池の端
神苑の中の神池と呼ばれる四つの池が連なり、東屋・八つ橋・せせらぎ・水車・弁天橋・噴水がある。
創建726年、加茂山に鎮座する加茂の鎮守社 青海神社 や雪椿園、彫刻の森、リス園(月曜日が休館日でした...)等、自然豊かな園内散策。

とっても楽しい時間を過ごし、帰りは農家直売所に寄って新鮮野菜を買ってきました(^-^)



加茂山公園

加茂山公園

加茂山公園案内板

青梅神社参道

青梅神社参道

参道の石段

青梅神社参道の石段

境内

青梅神社境内

拝殿

青梅神社拝殿

案内板

もみじ谷

もみじ谷

燃えるような真っ赤なもみじ 

もみじ

黄色のもみじ

もみじ

陽を浴びて、より色濃く鮮やかなもみじ

もみじ

もみじ

もみじ

展望台

展望台

展望台

森林浴の森百選

池の端の噴水

池の端の噴水

池の端の噴水



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


加茂市内の風景につづく

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

17:18  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06/09(Thu)

みつけイングリッシュガーデン

妹夫婦と『みつけイングリッシュガーデン』へ行ってきました。

中之島見附インターから2キロ、上越新幹線の直ぐ側。
9時半に迎えに来てもらって10時10分頃(?)に中之島見附インターを降りた、までは順調だったけど...
カーナビの案内じゃ直ぐのはずが中々辿り着きません。
この道、先も通ったよ、と助手席に乗った妹が画面を見ながら義弟に言ってます。
いいじゃない、そのうち着くわよ、と後部座席から暢気な声でわたしが声を掛けたけど無視されちゃった...。

グルグル同じような所を何度も通ったが見つからないので駅へ戻ることに。
途中、新幹線の高架橋手前に左へ入る道があった。
此処っぽいね、と左折して入って行ったら『みつけイングリッシュガーデン』の駐車場に辿り着きました~。
途中に案内板とか看板があったのかもれないが、3人揃って見落としていたようです。
何はともあれ無事到着。

みつけイングリッシュガーデン

英国園芸研究家のケイ山田氏が設計監修し、レンガやパーゴラなど資材も本場イギリスから取り寄せた本格的な英国式庭園。
入園は無料で入り口も無人なので気軽に散策できますが、維持管理のため協力金として100円を募金箱(?)に入れました。

園内には色とりどりの花々が咲き、ボーダーガーデンのバラのパーゴラ、とても可愛いピンクのブラッシュ・ランブラー。
イングリッシュローズ 、オールドローズ、フロリバンダローズ等々色んな種類のバラがそれは見事に咲き誇っていました。
バラの他にも見たこともない、それどころか始めて目にした花(妹は宇宙の花と言ってました)があったり園路周囲にはピンク・青・白などの紫陽花やカシワバ紫陽花も咲いていました。
広さ約2.2ヘクタールの園内には、それぞれコンセプトを持ったエリアがあり、多彩な植物が季節ごとに違った表情を見せてくれるそうです。(パンフより)

大きな池とガゼボ(東屋)があります。
隣接するイングリッシュガーデンホテル『レアント』は1日一組限定の結婚式も行われるそうです。
予定のある方はお早めのご予約を。


みつけイングリッシュガーデン
義弟とわたしです

みつけイングリッシュガーデン

スモークツリー

ウルシ科 ハグマノキ属
雌木の枝先につく花序は長さ約20cmで多数枝分かれしている

園内に入って直ぐ目にした木(生まれて始めて見ました)

スモークツリー

花後に伸びたモコモコした花穂が遠くから煙がくすぶっているように見える

スモークツリー

バラ・ブラッシュ・ランブラー

バラ・ブラッシュ・ランブラー

バラ・ブラッシュ・ランブラー

カタルバ

キササゲ属 のうぜんかずら科
別名 アメリカキササゲ

純白の可憐な花

カタルバ

カタルバ

アリウムギガンチウム

百合科 ネギ属

ギガンジウム

ベロニカ”スピカータ”

ゴマノハグサ科 ベロニカ(クワガタソウ)属
別名  ルリトラノオ・ヒメトラノオ

ベロニカ スピカータ

シノグロッサム

ムラサキ科 オオルリソウ属
和名 シナワスレナグサ(支那勿忘草)
水色に近い青が美しい花色の1年草

シノグロッサム

妹が「宇宙の花」と言った花
アリウム シューベルティ

ヒガンバナ科  ネギ属
夜空に打ち上げられた花火のようにパッと開いた何とも言えない造形芸術のような花

アリウム シューベルティ

全体の花頭の大きさはバスケットボールサイズ

アリウム シューベルティ

クラーキア アップルブロッサム?

ポテンティラ

バラ科  キジムシロ属(ポテンティラ属)

ポテンティラ

ホテル『レアント』

ホテル『レアント』

池とガゼボ(東屋)

池とガゼボ

池とガゼボ


メドウガーデン

ゲラニウム?

メドウガーデン 紫陽花

イモウトちゃん

メドウガーデン バラ

バラのパーゴラ

バラのパーゴラ



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


妹たちのおかげでとっても楽しい1日を過ごしました(^-^)
美しい花や始めて見た花や宇宙の花。
1日中花々に囲まれていたかったけど、
蒸し暑く、午後から雨予報だったので1時頃に帰路へ。
帰りに道の駅に寄ってランチを食べて3時前に戻ってきました~♪

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

16:10  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05/26(Thu)

県立鳥屋野潟公園


鳥屋野潟公園 園内案内図

園内案内図

エントランス広場

エントランス広場

プロムナード

プロムナード

メイン園路

メイン園路

多目的広場

多目的広場

多目的広場

日本庭園

日本庭園

日本庭園

花見広場(桜の森)
2016・4・14

花見広場(桜の森)

トリムの森

トリムの森

探鳥デッキ

探鳥デッキ

鳥観庵

鳥観庵

新堀橋

新堀橋

流れ

流れ

清五郎橋

清五郎橋

みはらしハウス

みはらしハウス

観察池
観察池ハスの蕾

観察池

観察池



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

15:14  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04/15(Fri)

上堰潟公園(うわせきがたこうえん)

妹たちに誘ってもらって上堰潟公園へ行ってきました~!

西区にある上堰潟公園は6ヘクタールの菜の花畑と、満開の約450本ものソメイヨシノがコラボするお花見スポット。
辺り一面、見渡す限り黄色に染まる菜の花とピンク色の桜並木。
車を降りると目の前に、春の色したメルヘンのような風景がどこまでも広がっていました。

上堰潟公園に着いたのは丁度お昼頃。
あちらこちらでお花見のお客さんたちはシートを敷いてお食事中。
わたしたちもコンビニか何処かでお弁当や飲み物を買ってくればよかった、と思ったけど、遊歩道の桜並木と桜の下に広がる一面の菜の花を見ただけで胸が一杯 (^-^)
(実はむせ返るような菜の花の香りで胸が一杯に・・・)

*上堰潟は農業用水の調整池としての機能も担っているため、公園内に水場が多く、近隣の佐潟とともに野鳥の生息地になっています。
公園の外側を流れている小さな川を「西山川」といい農業用水として利用されていますが、大雨が降ったりするとこの小さな川から水があふれ出し、田畑や人家に大きな被害が出る恐れがあります。
そこで公園の中に大きな池を造り、大雨のときあふれそうな水をためておき、少しづつ流してやれば良いわけです。
この池のことを「洪水調整池」と呼んでいます。

園内の「野鳥の池」に架かる木道橋を歩いたり、東屋でのんびり休憩したり。
青い空と、ピンクの桜と、黄色い菜の花と、緑の角田山と、きらきら輝く野鳥の池。
そして、園内には大小合わせて約1,000本の樹木があり四季を通じてさまざまな花を楽しめる公園です。
特に春はソメイヨシノと1万5千坪もの菜の花畑が園内を彩り、その見事さが評判となり美しい花の共演に遠方から訪れる人も多い。



上堰潟公園(うわせきがたこうえん)

12:05 上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

上堰潟公園

16041515.jpg

上堰潟公園



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


13日の朝んぽ、鳥屋野潟公園で桜の花見をして戻ると妹からに何度も電話が入っていた。
(散歩のときはカメラを持って出るのでは置いて行くんです)
何だろうと思ったら、上堰潟公園へ菜の花と桜を見に行こうと。

これから30分で迎えに行くよ、と言われ大急ぎで準備。
先ずはアランをチッチに連れて行き、それから着替え。
日焼け止めを塗って帽子を被って待っていると11時頃、迎えに来てくれてそれから出発。

アランは鳥屋野潟公園でタップリ遊んできたから午後散歩の時間が少しくらい遅くなっても大丈夫。
上堰潟公園の桜と菜の花のコラボを楽しみ広大な園内を散策し、その後遅めのランチ、戻ったのは3時頃でした。

この日は朝は鳥屋野潟公園、その後、上堰潟公園とお花見のはしご。
昨年、上堰潟公園の菜の花と桜を妹に教えてもらった。
春になったらゼッタイ行こう!と約束していた。
したら、妹はちゃーんと約束守ってくれたんですね。
わたしの我儘をいつも聞いてくれる妹に感謝感謝です (^-^)

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

14:33  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT