2015.04/24(Fri)

アオサギ

アラン地方、今日も気温は上がり初夏の陽気。

今日は用があったので6時に起きて朝食の準備、榊と花の水替え済ませ糠床をかき混ぜ7時20分頃、何時もより1時間早く朝んぽ出発。
1時間の散歩から戻りアランはしばらく休憩。
洗濯物を干してからアランの朝ごはん。
お腹は空いてるはずなのに今日も食欲不振…(-_-;)
それでも時間を掛けて休み休みだけどなんとか食べてくれたので一安心しています。


昨日の午後散歩の帰り、カモの川道を通ったら水路に浮かんでいるドラム缶(?)のようなところにアオサギが止まっていました。
ジッと川面を見つめている姿はまさに「川の番人」。
近くにカンムリカイツブリの姿もありました。


アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

アオサギ

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


アオサギ、ちょっと興味があったので鳥図鑑で調べてみました。

【全長約93 ㎝、翼を広げた大きさ約160 ㎝。日本のサギ類の中では最も大きい。
雄雌同色で全身が青みを帯びている。
頭は白くて、額の両側から目の上を通り後頭でつながる黒色帯があり,後頭の羽毛は冠羽になる。
成鳥は冠羽が長く後頭部から伸びています。

首は灰色で前側中央には数本の黒い縦線があり、腹部には白くて脇には太い黒線がある。
嘴(くちばし)と脚はオレンジがかった黄色。

アオサギの英名がGray Heron(灰色のサギ)なのに和名に「アオ」が使われている理由には日本人の色に対する繊細さが関係しています。
アオサギを漢字で表すと『蒼鷺』となります。
この『蒼』には灰白色又は青みがかった灰色が含まれるのでこの名前が付いたようです。
また、冠羽や翼の一部、首の斑点の色もよく見ると黒ではなく紺色がかっています。
この部分に注目してアオサギと名付けたのであれば日本人が色に対して繊細な感性を持っていたということでしょう。】

頭の後ろから伸びているカッコいい長い毛を冠羽というのを始めて知りました。
まさに冠羽、とってもカッコよいったらありゃしない。
そういやこんな風な髪型している若者、テレビで見たことありませんか?


テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

14:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://haruaran.blog20.fc2.com/tb.php/1374-989bc048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |