2016.07/17(Sun)

夏の花・ハンゲショウ

鳥屋野潟公園のハスの池近くで群生になって生えていた葉が半分くらい白い美しい植物、ハンゲショウ。

緑と白い葉は見るからに涼しげでとても素敵です。
それに「ハンゲショウ」って名前も素敵ですよね。

水辺に生える多年草。
6、7月頃に白い花が咲き、別名はカタシログサ(片白草)。
群生している姿はとても風情があり、幻想的で美しいものです。

花期は6月中旬~7月。
上部の葉の脇から長さ10~15センチくらいの 白い小さな花を穂状に咲かせます。
花には花弁も萼片もなく 雌しべが4つに分かれ、そのまわりに6本の雄しべがある。
花期なると、花穂のすぐ下の数枚の葉が、付け根の部分から先端にかけて白く変色します。
このため「半化粧」の文字を充てたり、片白草(カタシログサ)と呼ばれたりもする。
白い斑の面積はまちまちで、花が終わる頃には元の緑に戻ります。

※ 雑節の夏至から数えて11日目頃に花が咲くことから「半夏生」と呼ぶ。
七十二候の「半夏生」は、正しくは「半夏(はんげ)が生ずる」の意味であり、その「半夏」とは烏柄杓(からすびしゃく)のことを指す。
「半夏生」=「1年の真ん中」 1/1~12/31の1年の真ん中、と言う説もある。


ハンゲショウ

どくだみ科 ハンゲショウ属

ハンゲショウ

ハンゲショウ

グロキシニア
イワタバコ科 シンニンギア属

グロキシニア

グロキシニア グロキシニア

ひまわり
夏の代表花の一つ

ひまわり

ひまわり ひまわり

ムクゲ
美しい花なのに
どことなく哀しそうな淋しそうな儚げなげに見えるのは、わたしだけ・・・

ムクゲ

ムクゲ

ノウゼンカズラ
子供の頃はオレンジの花と呼んでいた

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラ

カラスウリ
まるでレース編みのような不思議な花

カラスウリの花

カラスウリの花



にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村


テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

16:19  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://haruaran.blog20.fc2.com/tb.php/1587-69f5d295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |