2006.06/11(Sun)

鳥屋野潟公園

今日も鳥屋野潟公園へ。
少し寝坊して7時半に出発。

日本庭園を通って広場を超え、一つ目の橋を渡り、二つ目の橋を渡って野鳥の観察地まで来ると目の前に、新潟スタジアムが目の前。
大きなビッグスワンが目の前にそびえ立っていた。
こちら側からも公園内に入れるようになっている。
その脇道に入り、ビッグスワンを横手に見ながら遊歩道に入って行く。
先にスポーツ公園があると聞いたので行ってみた。
右手にビッグスワンを見ながら、どこまでも遊歩道は続いている。

自然生態園、展望台を通っていくと大きなグランド。
ラグビーの練習(?)をやっているチームがいた。
女の選手もラガーシャッツを着て走っている。

案内板を見ながら進んでいくと、大きくて綺麗な川、カナールにたどり着いた。
カナールを挟んで右側(来た方向)にビッグスワン。新潟スタジアムのサッカー場。
カナールを渡るとスポーツ公園。多目的芝生広場。
スポーツ公園の回りは遊歩道。川、カナールの側も歩けるようになっている。
今日は2時間半(約9km)、公園を歩いた。

帰り道、田圃で農作業していたおばさんが手を止め、声を掛けてくれた。
「今日は一人なの?ワンコはどうしたの?」
アランのことを言っているんだと気がついた。
去年11月に亡くなったと言ったら驚いていた。
「いつも一緒に散歩していたのに、今日は一人でどうしたんだろうと思ったよ。
そうなんだー。。亡くなったんだね。いつも一緒に散歩していたね。。。元気出してね。泣いているとワンコも悲しがるからね。
いつも側にいてくれるよ。あんなに可愛がっていたんだもの。」

昨日も、アランのことを覚えてくれていた人がいた。
今日も、声を掛けてもらった。
私は、おばさんのことを覚えていなかったけど、農作業しながらアランと私を見ていてくれていたんだね。
どこかで、誰かが、私やアランを見ていてくれた人がいた。
今でも覚えてくれている人がいる。
嬉しくって涙が流れた。
重かった足が、急に軽くなった感じがした。

おばさん、農作業の手を休めて声を掛けて下さってありがとうございました。
とっても、嬉しかったです!
また会ったら声を掛けてください。

鳥屋野潟自然生態園。
自然生態園

新潟スタジアム・ビッグスワン・新潟サッカー場。
新潟スタジアム

スポーツ公園の側の多目的芝生広場。
多目的芝生広場

カナール(川)を挟んで広場と遊歩道。
カナールを挟んで広場と遊歩道

カナール(川)と遊歩道。
遊歩道の右手にスポーツ公園。
カナール

カナール。両脇が遊歩道。
カナール

カナール。右側にビッグスワン。
カナール

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

22:16  |  アラン  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

HALさん、こんばんわ
よかったね、アランちゃんの事を覚えていてくれた人がいてね。読んでて心がほんわかしました。おばさんの言うとおりだと思いますよ。
なんだか嬉しい、私です。
みみまま | 2006.06.11(日) 22:24 | URL | コメント編集

みみままさん
覚えてくれたんですね。。。
田圃のお仕事しながらアランの散歩を見ていてくれていたんですね。
アランのことを忘れないでいてくれたことがとっても嬉しかった。
HAL | 2006.06.12(月) 20:31 | URL | コメント編集

こういうのって、感動するよね~!
話している瞬間、アランちゃんが蘇ったような感じになるでしょう?
HALさんの心にも、相手の方の心にも、アランちゃんが浮かんでいるでしょうから。
そういう時、私は、ああ、生きているんだなーって感じるの。
イブまま | 2006.06.13(火) 11:55 | URL | コメント編集

イブママさん
そうだね。。話している瞬間、お互いにアランのことを思っているんだよね。
アランはまだ、記憶の中に生きている。そう思う瞬間ね。
イブちゃんのことを覚えている人がいたって言ってたよね。
忘れないでいてくれる。
その人の中でもイブちゃんやアランは記憶に残っている。
嬉しくってしあわせな気分でしたよ。
HAL | 2006.06.13(火) 14:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://haruaran.blog20.fc2.com/tb.php/208-49b362c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |