2009.05/25(Mon)

桃色昼咲月見草

今日のアラン地方、曇りのち晴れ。
気温は低めで少し肌寒かった。

夏日になったり20℃以下の気温になったり、最近の気温差、激し過ぎ・・・
フツーなら、暑くも寒くもない1年中で一番いい季節・爽やかな風薫る5月のはずなのに・・・


昼咲月見草。

その名のとおり、お日さんの出ているときに開き曇りや夜は閉じてます。

赤花科。
マツヨイグサ属。
別名:桃色昼咲月見草。
昼咲月見草
淡紅色のものを「桃色昼咲月見草」、白花を「昼咲月見草」と区別している植物図鑑もあります。
昼咲月見草
テッセン。

金鳳花科。
せんにちそう属。

花びらが6枚ものは「鉄線」(てっせん)、中国原産。
8枚ものは「風車」(かざぐるま)と呼ばれ、日本原産。
「クレマチス」はこの2つの総称。
テッセン
「鉄線」は、つるが細くて丈夫で針金のようであることから。
「風車」は花の形から。
テッセン
ジギタリス。

ゴマノハグサ科。
ジキタリス属。
和名:英名のFox Gloveをそのまま直訳した、狐の手袋(きつねのてぶくろ)。

2年草草本(そうほん)ですが、非常に繁殖力が強く多年草のように生育します。
ジギタリス
花の内側に濃い紫色の斑点があります。
花は非常に美しく紅紫色・白色、がくは5深裂(しんれつ)、合弁、2個の雄ずい、花柱(かちゅう)は
2つに分かれています。
ジギタリス
花の色は白やピンク、紫、紅色。
高さが50~130センチで茎が直立して分枝はない。
大型鐘形の総状花序(そうじょうかじょ)を茎頂の花穂にびっしりとつけ、下から順に咲きます。
ジギタリス
ジキタリスは、全草にジギトキシン、ジゴキシンなどと呼ばれる毒があり、特に葉に大量に含まれる。
毒草だが、強心薬、利尿薬、うっ血性心不全、それが原因で起こる浮腫(ふしゅ)、虚血性心疾患、心臓弁膜症などに用いられる薬草。

薬草のコンフリー(ヒレハリソウ)と葉が似ていて、誤食による事故や中毒で死亡した例もある。
症状:頭痛、吐き気、下痢、視覚異常、不整脈、中枢神経の麻痺、心臓麻痺など。

とても美しい花だけど猛毒ですので要注意~。


テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

22:44  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://haruaran.blog20.fc2.com/tb.php/676-fb5f1f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |