2010.08/24(Tue)

二代目アランムービー&血統書


二代目アラン


[広告 ] VPS


JSV 日本シェパード犬登録協会

JSV 日本シェパード犬登録協会

血統書

血統書

血統書

血統書

JSVの各展覧会・訓練競技会

訓練ジーJSVガー競技会

 * 資格説明
    :繁殖上の見地からシェパード犬の稟性と、知的作業素質を保持増進。
    :シェパード犬が社会的、家庭犬としての有能な訓練及び教育を行い、
     将来実際の使役に役立つ基礎を修得させ、更に進んでは実際面の使役への移行を容易にする見地から、
     その本質と技能を検査すること。

 * 試験の種類

    :特殊階程A・・・服従訓育試験(CDJ)(O-CDJ)
    :第1階程・・・・・・種族訓育試験(ZPr)(O-ZPr)
    :第2階程・・・・・・防衛犬試験(SchH)(S-SchH)
    :第3階程・・・・・・警務犬試験(PH)(S-PH)
    :特殊階程B・・・捜索犬試験(SuchH)

 * 受験資格

 1. 訓練試験は本協会会員の所有する登録犬で受験資格年令は次のとおりとする。

 :服従訓育試験・・・(CDJ)満9ヶ月以上
 :種族訓育試験・・・(ZPr)満10ヶ月以上・(O-ZPr)満10ヶ月以上
 :防衛犬試験・・・・・(SchH)満12ヶ月以上・(S-SchH)満12ヶ月以上
 :警務犬試験・・・・・(PH)満20ヶ月以上・(S-PH)満20ヶ月以上
 :捜索犬試験・・・・・(SuchH)満20ヶ月以上

 2.訓練試験の受験は、第一階程(ZPr)から順次順序をふんで上級の訓練試験に移る。
   但し、特殊階程B(SuchH)の試験に限り、第1階程に(ZPr)に合格した犬は、
   他の程をふむことなく受験することができる。

   注:特殊階程A(CDJ)の資格犬は、第1階程(ZPr)に合格した後、前項の規定に順じる。

  但し、次記の犬は受験することはできない。
  :発情牝犬(但し審査員の判定により許可することがある)
  :咬癖犬
  :病犬、その他審査員が不適当と認めたもの


 * 再試験

  受験者は一度合格した犬、又は不合格犬につき、他日同一階程の試験を再受験することができる。
  但し、同一の受験内における一部の課目だけをやり直すことはできない。


 * 評価と合否及び訓練資格称号の付与
 
 1.試験の結果は得点90%以上V(優)、80%以上SG(特良)、
   70%以上G(良)の評価を与え総合得点G(良)以上をもって合格とし、
   次の訓練資格称号を与え合格証書を交付する。

   ※服従訓育試験合格犬・・・CDJ・O-CDJ
   ※種族訓育試験合格犬・・・ZPr・O-ZPr
   ※防衛犬試験合格犬・・・・・SchH・S-SchH
   ※警務犬試験合格犬・・・・・PH・S-PH
   ※捜索犬試験合格犬・・・・SuchH

 2.年度日本訓練ジーガー競技会において総合得点80%(SG)以上を獲得した犬には、
   S-PH、ランデス及び地区訓練ジーガー並びに年度アマチュア訓練ジーガー競技会において
   総合得点80%以上(SG)以上を獲得したZPrの犬にはS-SchHの特別訓練資格称号を付与する。
   O-CDJ、O-ZPrは公開訓練試験において総合得点70%(G)以上を獲得した犬に付与する。


 * 試験の順序

  全ての試験は原則として嗅覚作業、服従作業、防衛作業の順に行う。


 * 命令用語

 この規定に記載した命令用語は標準的に例示したものにすぎない。
 従って、用語は指導手の任意とするが、課目別に定められた声視府は適切に使用するものとする。
 著しく高声、早急、反復、又は曖昧な命令振りは避けなくてはならない。

 * 訓練試験規定
   CDJ
   ZPr
   SchH
   S-PH
   種犬選定
   犬舎名登録
   一胎仔登録
   外産犬単独登録
   所有犬譲渡


【一般的外貌】

ドイツ・シェパード犬の体高の測定は身長計を用い毛を押し付けておこなう。
理想的な体高の高さは、牡犬の場合は62.5cm、牝犬の場合は57.5cmである。
上下2.5cmの差は許されている。
大きすぎても小さすぎても使役価値や繁殖価値を損う。

ドイツ・シェパード犬はやや胴が伸びていて、たくましく、筋肉が良く発達している。
その骨は乾燥していて、関節はしっかりしている。
体長と体高の割合と、四肢の角度は長距離の耐久速歩が保証されるように互いに調和していること、
悪天候に耐える皮毛を所有していること、望ましい外貌を備えていることが必要であるが、
それによってその犬の使役犬としての優秀性が問題になるようなことがあってはならない。
 
性徴ははっきりしていなければならない。
即ち、牡犬の男性的特徴と牝犬の女性的特徴は非常に明白でなければならない。
 
犬種像としてふさわしいドイツ・シェパード犬は、野性の力、知性及び柔軟な体質をもち、
この体型の許で3つの平衡の比率が大きすぎても小さすぎてもいけない。
犬がどの様に動き振舞うかは、健全なる身体には健全なる精神が宿るという言葉からみても大切なことであり、
従って根気強い使役犬として何時でも使われる性質を備えていることが容易に認識されなければならない。
服従心のない犬には、服従精神を教え、いつでも命令に喜んで行動するように仕込んでおかなければならない。

犬は主人又はその財産を守るときは、勇気と激しさを示し、又、主人が望むときには喜んで攻撃しなければならない。
しかし、それ以外のときには、慎重でかつ従順で好ましい同居者として振舞い、
主人の親しい周囲の人、特に子供や他の動物に対して大人しい犬でなければならない。
また人間に対し慣れ易く、新しい主人の命令にすぐに従う性質であることが肝要である。
全体からみて自然な上品さと尊敬の念を起こさせるような自信の調和した姿である。

【気質、性格特性、素質】

神経が安定していること、注意深いこと、素直なこと、使いやすいこと、警戒心があること、
主人に忠実で他からの誘惑にかからないこと、勇気、闘争意欲、
大胆さ等は純血種のドイツ・シェパード犬の最も目立つ特徴である。
それらの特色はドイツ・シェパード犬を特に使役犬として使用するのに役立ち、
社会で番犬、盲導犬、警察犬、牧羊犬などとして活用されている。
嗅覚作業には肉体的に苦労せず容易く地面に鼻をぴったりつけて、ゆうゆうと確実に足跡を追うことができるよう、
速歩体型と結び付き、いろいろな目的のために使用され、追跡・捜索犬として最も活用されている。

【毛色】

皮毛の毛色を区別すると、茶色、黄色、それに、淡い灰色と黒色がある。
この色の中で黒色だけは、他の色毛生地に加わり混って、その犬全体の毛色柄模様となっている。
故に生地が茶色、黄色ないし淡い灰色に黒色の斑点柄模様として黒色が鞍部をしているものもある。
黒い雲でおおわれたような雲刷模様(相応の明るい斑を持ち灰色か淡い茶色を基にした黒いうぶ毛)のもの。
黒、灰色一色か明るい斑か茶色の斑のあるもの。
小さな白い胸の斑点か足の内側の非常い明るい色は許可されているが、望ましくない。
鼻頭は、どの毛色の場合にも黒色でなければならない。
顔は主として口吻部辺の意味であるが、黒色が殆どないか、全く欠けている犬。
黄色か、刺すような明るい眼色の犬、胸と足の明るい斑。
白い爪と赤い尾の先、あるいは洗いざらして色が淡くなった様な色の犬は色素が弱いとみなされる。
シェパード犬の基本毛、下毛は、黒色の犬を除いて、常にやや灰色である。
仔犬の最終的な毛色は、上毛(うわげ)の発毛が完全になって、はじめて決定することができる。

【毛】

『非常にかたい毛のドイツ・シェパード犬』
上毛はできるだけ密生していること。
一本一本の毛は、真っ直ぐで、ざらざらしていて、しっかりしていること。

耳の内側も含めた頭、足の正面、足及びつま先は短い毛でなければならない。
首はやや長く、強い毛でおおわれていること。
前、後脚の裏面は、前足のつけねから前足根関節まで毛は長くなり、後脚の上腿部、即ち、
尻の毛が長く、ズボンをはいた様にふっくらしている。
毛の長さは、まちまちであるが、様々な毛の長さに従って、いろいろな中間形態が見られる。
短かすぎる、モグラの様な毛は欠点である。

『非常にかたい長い毛のドイツ・シェパード犬』
一本一本の毛がやや長く、かならずしも真直ではなく、特に身体にきちっとついていない。
特に耳の内側、耳のうしろ、下腕の裏側、又大抵腰の部分で、毛は著しく長目で、時とすると耳総や、肘から腕前部つなぎ部まで吹流しをつくる。
後脚の上腿のズボン状は長く濃い。
尾は、ふさふさとしていて、後で少し旗のような形をしている。
非常にかたい長い毛は、正常なかたい毛ほど悪天候に強くないので望ましくないが、十分な下毛のある場合には、なお繁殖に使うことが許されている。

『長毛のドイツ・シェパード犬』
その毛は、非常にかたい長毛の犬の場合より著しく長く、大抵非常に柔かく、通例背中で分け目がついている。
下毛は腰部にしかないか、全く存在しない。
非常にかたい長毛のドイツ・シェパード犬の場合、胸のせまさと、細い、伸びすぎた口吻がしばしば見受けられる。
長毛のドイツ・シェパード犬の場合、悪天候に対する強さや使役能力も著しく減少されている。
それ故、長毛は望ましくない。

【欠点】

ドイツ・シェパード犬にとって欠点となるものは、無関心、神経質、過度の興奮性、
臆病のような、使役、耐久力、及び性能全部に影響を及ぼす欠陥、特に犬種にふさわしくない特徴や、
ドイツ・シェパード犬に反する気質。
同様に活力に欠け、虚弱体質のもの、ひどく色あせていること等も前記のことから除外される。
青味を帯びた白変種(白子)の犬(即ち、完全な色素不足を伴う白子、例えば赤い鼻がしら等)は、
白子(即ち、黒い鼻がしらを持つ純白の犬まで殆ど)、オーヴァーサイズ、アンダーサイズ、
発育不全の犬、足の長い前足に過度の負担のかかった犬。

短すぎる全体の様子、軽すぎるか繊細すぎる体格、弱い背、四肢の急傾斜(垂直の)立ち方、歩行器官の広さと耐久性を侵害するあらゆる欠陥、更に短すぎる、尖っていない、弱い、尖っているか伸びすぎた力のない口、上歯がひっこみすぎか出張りすぎるか、その他の歯の欠陥、弱い或いは衰弱した歯等の犬に種犬認定検査をされたり審査会で審査されたりすることは殆どない。
柔らかすぎる、短かすぎる毛か、長すぎる毛と基礎毛(下毛)の欠乏、垂れていて絶えずだらしのない耳、
巻いている輪になっている、等々正しいあり方をしていない尾、短かく切った耳と尾(切り株しっぽ)、
生まれつき短かい尾も同様である。


警察犬指定犬種・ドイツシェパード(標準書)、
上記の諸々の事柄が書かれた書物がアランの血統書と一緒に同封されていました。


テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

00:35  |  アラン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●さすがはシェパード犬

こんばんは^^。
まだこどもでも愛玩犬のような可愛らしさではなく、シェパード犬の風格がありますね^^。
ところで2代目アランちゃんも女の子ですか?。

友達のお家も以前はシェパードやドーベルマンを飼っていて、どの子も警察犬の資格を持っていました☆。
ユミ | 2010.08.24(火) 23:30 | URL | コメント編集

●ユミさん

うふふ~アラン。。シェパード犬の風格がありますか(^^♪
お世辞ってわかってても褒めてもらえて、とっても嬉しいです~!
ユミさんありがとうね。

そそー!警察犬の資格犬、シェパード、エアデールテリア、ボクサー、コリー、ドーベルマン、ゴールデンリトリーバー、ラブラドールリトリーバーの7犬種なんですよね。
みんな私の大好きな大型犬です(^ー^* )

二代目アラン、女の子?男の子?ユミさんはどちらだと思います?
アランが家に帰ってくるまで ひ・み・つ (笑)
HAL | 2010.08.25(水) 16:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://haruaran.blog20.fc2.com/tb.php/745-d2adf3c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |